鶴見区の歯医者は斉藤歯科医院へ
HOME>歯周病の治療

歯周病の治療

バイオフィルム

バイオフィルムは、細菌の集合体であり、自らが排泄した粘着物に包まれています。歯の表面に付着した歯垢(プラーク)は、バイオフィルムを形成しており、歯面から取り去る事は容易ではありません。
歯周病治療の根幹は、歯周病原因菌により形成された、大量のバイオフィルムを除去するという事になります。

PMTC (Professional Mechanical Tooth Cleaning)

バイオフィルムを形成した歯周病病原菌に感染すると、歯肉は腫れ、歯を支える骨は溶けてなくなり、歯根部周囲の組織は破壊され、やがて抜歯されることになります。
この症状を改善する為には、徹底してバイオフィルムを除去することが重要です。この治療は、専門の器具を用いて行いますが、(この操作をPMTCと言います)痛みを伴うものではありません。
尚、歯石の除去は、この治療の前に行っておくべき当然の処置であり、ここでは特に触れません。
当院では、歯科衛生士が院長の指導のもとに、計画的にPMTCを実行しています。
治療終了後は、実に爽快な気分になります。

メンテナンス

歯周病は、病原微生物(歯周病菌)による感染症であり、慢性の病気です。殆ど症状が無く経過しますので、気が付いた時には、歯を支える骨を始めとした歯周組織を破壊されて、歯を失うことになります。
従って、治療を開始して、病状が改善した後は、定期的に来院し、検査の後PMTCを主体としたメンテナンス治療をする必要があります。

歯周病治療の手順
歯周病の病態と原因を、正しく理解する為のインフォームドコンセント
 
歯周組織検査
 
適切な歯の磨き方の指導
 
歯石除去と不適合冠の除去
 
動揺歯の固定
 
咬合調整
 
バイオフィルムの徹底した除去 (PMTC)
 
歯周組織検査
 
進行症例では歯肉切除、歯肉剥離掻爬
 
歯周組織検査
 
メンテナンス
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。